ステップアップセミナー コア・スタビライゼーション

    みなさん、こんにちは^^
    コア系トレーナーのさだです。

    6/13・14(土・日)に、JCCAステップアップセミナーが開催されました。
    今回の内容は「骨盤・胸郭コンディショニング」と「コア・スタビライゼーション」

    6/13(土)の講習では、わたしは「骨盤・胸郭コンディショニング」の中の前半を使い、グローバル姿勢分析を担当させて頂きました。

    t-FILE0402.jpg

    t-FILE0397.jpg t-FILE0389.jpg t-FILE0394.jpg


    JCCAの求める、「再現性」・「安全性」・「簡便性」に沿った非常にわかりやすい内容の、姿勢評価法になっています。
    今回は初めてのステップアップセミナーだったこともあり、色々と課題点も残ったのですが、受講生の方々の熱い想いでとても充実したセミナーになったと思います。

    2日目は「コア・スタビライゼーション」
    こちらでは、メインの講師として全時間を担当させていただきました。
    t-FILE0460.jpg

    t-FILE0467.jpg t-FILE0501.jpg t-FILE0487.jpg

    「型」を教えるセミナーではなく、コアを安定させ、姿勢を保つ筋群を正しく協調させて使うための原理原則を伝えていく内容です。

    「型」から入るのは簡単かもしれません。
    しかし「コア・スタビライゼーション」は、インナーユニットを如何に正しく使えるか、を重要視します。

    そのために必要なのは、腹横筋や多裂筋の触診技術、ニュートラルポジションの理解などになります。
    触診の感覚も最初は全然わからないものだと思います。
    しかしここは経験を積んでいけば誰でも正確に感覚を得ることができるものです。

    ニュートラルポジションも慣れてくると、そこからの崩れがすぐにわかるようになってきます。
    エクササイズの際にそこから崩れることがあれば、それを見つけることができれば、それはそのまま機能評価になってくるのです。
    これも経験を積むことで理解が可能になってきます。

    機能解剖の知識をしっかりと付けてみてください。
    そして意識して現場で使ってみてください。
    ものすごい効果がでるスキルを手に入れたことを実感していくと思います。

    6時間の短い中では、伝えたいこと全てを伝えることができません。
    しかし一番重要なポイントはお伝えできたと思います。
    あとは皆さんがご自身で、磨き上げてみてください。

    また各地で講習会は開催が予定されています。
    今後お会いできる方もいっぱいいると思います。
    できるだけ良いものをお伝えしていきますので、よろしくお願い致します。

    ピラティストレーナー、パーソナルトレーナー向け講習会のお知らせ

    みなさん、こんにちは^^
    コア系トレーナーのさだです。

    現場で活躍されているトレーナーの皆様に、現場で即使える技術講習のお知らせです。

    みなさまは「運動連鎖」というものを考えて、エクササイズに取り組んでいらっしゃるでしょうか?
    同じエクササイズをしていても、この連鎖を考えて行なうのと行なわないのとでは、見るべきポイントや注意すべきポイントまですべて変わってきます。
    そしてこの運動連鎖の崩れからくる様々な不定愁訴の原因までをも見落としてしまう結果になります。

    今回はこの運動連鎖の考え方を、あるエクササイズを例にとり説明して、現場での考え方の参考にしてもうらための講習会となっております。
    解剖の知識がないと少し難しい内容になっておりますが、その分非常にすばらしい知識が手に入るようになっております。

    エクササイズ指導において、もう一歩レベルアップを望む方は是非ご参加ください。
    PHIピラティスインストラクターの方には、CEUが3単位発行されます。



    【テーマ】
    ■アーティキュレーティングショルダーブリッジに見る機能解剖学や運動連鎖に基づくピラティス指導法 
    ~その日から現場でスグに使えるケーススタディ①~  


    【日時】 2009年7月5日(日)14:00 ~ 19:00(13:30~ 受付開始)
    【会場】 コンディショニングサロンI.c.s第2サロン  
    【受講料】 PHI Pilates インストラクター 12,600円
          一般 15,750円 

    【定員】 14名様
    【対象】 Pilatesの資格保持者、Pilatesや姿勢改善などに興味がある方

    【内容】
    アーティキュレーティングショルダーブリッジというエクササイズを例にとり、そのエクササイズに使われる筋肉など、機能解剖学や運動連鎖、機能評価などを学びます。 
    また、その機能評価に基づいたアライメントや筋バランスの改善方法や動作の再学習法、トレーニングギアを用いた指導法をご紹介するだけで なく、その日から現場で使える様に、クライアントのモチベーションの上げ方などを心理学的側面に沿って考えていきます!!
    この考え方を学ぶことで、その日からあなたの指導が更に良くなるきっかけをご提供します!!

    【単位】PHI Pilates MatⅠ&Ⅱインストラクターの方はCEUを3単位発行
    【お申し込み先】kobayashi@style-reformer.com

    【講師】 
    ■Style Reformer 小林俊夫
    PHIピラティスマスタートレーナー
    日本コアコンディショニング協会マスタートレーナー
    日本コアコンディショニング協会B級講師
    スタビライゼーションインストラクター
    NESTA-PFT
    フィットネスモチベーター
    NISAQレベル1インストラクター
    東京消防庁上級救命技能認定者
         
    アメリカへ渡りPHI Pilates創始者ルビィ氏の下、PHIピラティスマスタートレーナーの資格を取得。青山など都内を中心にパーソナルトレーナーとして、一般の方~アスリート・モデルまで幅広く指導の経験を積む。
    現在はStyle Reformerとして活動する傍ら、PHI Pilatesインストラクターの養成やトレーナーの育成、ワークショップの企画・運営、Webサイト上でのコラム執筆、雑誌掲載など幅広く活躍中!!



    もっと基本的なところから、コア系のエクササイズや姿勢の分析法、改善プログラムの構築の仕方などを勉強したい方は、毎週火曜日・日曜日の「スキル習得クラス」にご参加ください。

    7月より3ヶ月クールでクラスが開催されます。
    6月中はプレクラスが開催予定です。
    ご興味ある方は当サロンのホームページからお申し込みをどうぞ!
    →コンディショニングサロンI.c.s