美脚理論15 ~大腿筋膜張筋-腸脛靭帯の緊張~

    みなさん、こんにちは^^
    『美姿勢』スペシャリストのさだです

    前回の記事、美脚理論14 ~脛骨外旋症候群~の中で、膝下O脚をつくる原因の一つの要素として、今回のタイトルにある「大腿筋膜張筋-腸脛靭帯の緊張」をあげました。

    みなさんも、腸脛靭帯がパンパンに張っていて、自分でマッサージする方いませんか?
    クライアントさんにもパンパンに張っている人が多いと思います。

    多くの方はこの腸脛靭帯をマッサージしてほぐそうとしてますが、本来腸脛靭帯は、名前の通り筋肉ではないので、腸脛靭帯自体をほぐしても全く何も改善しないのです。

    なので、腸脛靭帯の緊張を取りたければ、「何が腸脛靭帯に緊張を与えているか?」というところを考えねばなりません。

    腸脛靭帯につながっている筋肉をみると2つあります。
    ●大殿筋
    ●大腿筋膜張筋

    このうち筋走行を見ると、腸脛靭帯に緊張を与えるのは大腿筋膜張筋のほうが要素が強いことがわかります。
    つまり腸脛靭帯が緊張している人は、大腿筋膜張筋が緊張していることが考えられるということです!

    では何故大腿筋膜張筋が緊張するのか?
    筋肉が緊張するのは、そこを使っているからですよね

    大腿筋膜張筋の機能は「股関節の外転、内旋、屈曲」です。
    特に外転がメインの機能とされていますが、強力な屈曲・内旋筋としても働いています。

    つまり他の外転筋がきちんと働いてくれていない場合に、強力な力を持つこの大腿筋膜張筋で、それらの動きをカバーし続けてしまうということなのです。

    この時に考えられるのは、
    ●外転筋としてきちんと機能してない「中殿筋」の弱化
    ●メインの股関節屈曲筋として機能してない「腸腰筋」の弱化

    の2大要素でしょう!

    つまり、どんなに腸脛靭帯をほぐそうとしてもほぐれないのは、
    「中殿筋」「腸腰筋」が弱化してうまく機能していないために、代償として大腿筋膜張筋が使われ続けているからなんですよね!!

    ということは、改善するために何をすればいいかは簡単ですよね!
    なまけているそれらの筋肉に刺激を与えて、もう一度機能してくれるようにトレーニングをしていくことが大事ということなんです!!

    さて、大腿筋膜張筋-腸脛靭帯の緊張を改善する方法がわかったと思います。
    では実際に、ここの部分の緊張がどんな歪みを身体に引き起こすか見てみましょう!

    筋肉の配置を見てみると、大腿筋膜張筋-腸脛靭帯は骨盤の上から、脛骨まで続いており、骨盤・股関節・膝関節にかけて全般的に影響を与えます。

    腸脛靭帯の緊張

    影響を及ぼすポイントとしては

    ・骨盤上部を外方へ引っ張る力を発揮する
    ・股関節を内旋させる(XO脚の原因)
    ・股関節を外転させる(O脚の原因)
    ・大腿骨に対して脛骨を凱旋させる
    ・足首の回内or回外


    上記のようにかなり多くの歪みを引き起こす原因となっており、膝だけでなく足関節、股関節、骨盤にも歪みを引き起こす、とてもやっかいな存在だというのが理解できると思います。

    うちの美脚メソッドにおいては、この部分の緊張をとることにはとても注力をしており、殿筋や腸腰筋、内転筋のトレーニングだけに留まらず、足部からの上行性運動連鎖のパターンでの動きを習得してもらい、確実にこの部分の緊張を取ることに成功しています。

    エクササイズとウォーキング、そして日常生活でよく使われる動作パターンをクライアントさんが習得することにより、短期間で確実に美脚へと変化をとげていくということですね!


    しかし、こういった部分の理論を知る事は、とても大事なことです。
    各所で現場をみていても、普通に腸脛靭帯をマッサージしている姿をよくみます。
    それ自体は悪くないのですが、何を目的として、それをしているのか?
    そしてそれは本当に効果がでるものなのか?
    というところを常に自問しながら、エクササイズを提供してもらいたいと思っています。



    ◆トレーナー向けセミナー日程

    セミナー参加受付中!
    『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
    『美脚ウォーキング』




    8/27 「美脚をつくる最新コア・エクササイズ」セミナー

    みなさん、こんにちは^^
    『美姿勢』スペシャリストのさだです

    8/27(土) 当サロンにて
    『美脚をつくる最新コアエクササイズ』セミナーを開催しました。
    前回に引き続き、今回も定員一杯集まっていただき本当に嬉しく思います。

    今回より新しく足部安定化エクササイズが盛り込まれ、より効果的に美脚をつくるプログラムへとアップデートをしております。
    常に新しい理論を取りいれ、現場でもっとも効果がでるようにブラッシュアップし続けています。
    今回は再受講の方も3名。
    また岡山や名古屋、東北のほうからも参加者おり、とても熱い方が多く、とても盛り上がったままセミナーが進行できました。

    フェイスブックのほうでセミナー報告をしており、ブログアップを最近してなかったのですが、これからはブログのほうにもきちんとセミナー報告をしていきたいと思いますね^^

    大人気の『美脚セミナー』
    次回は11月を予定しております。

    下記のセミナー情報から日程のほうご覧になってください^^

    DSC_0163.jpg

    DSC_0162.jpg

    DSC_0160.jpg


    ◆トレーナー向けセミナー日程

    セミナー参加受付中!
    『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
    『美脚ウォーキング』




    美脚理論14 ~脛骨外旋症候群~

    みなさん、こんにちは
    『美姿勢』スペシャリストのさだです

    さぁ、膝に関してみてきていますが、今回は膝下O脚(XO脚)に関してみていきましょう


    現場での傾向を見ると、O脚を治して欲しいとくるクライアントさんの8割ちかくがこの膝下O脚(XO脚)です。
    実際に解剖学的にみるとこのXO脚は「脛骨外旋症候群」と言われる状態になっていることがほとんであり、XO脚=脛骨外旋症候群と思っても過言ではありません。

    どのようになっているかというと、
    脛骨外旋変位

    左図の矢印をみてもらえれば何となくイメージがつくと思いますが、
    ・脛骨が大腿骨に対して外旋している
    ・脛骨が大腿骨に対して、外側に移動している

    状態となります。

    このような関節の状態なだけに、
    普通に立っていると、膝下外に出っ張った形に見えるというわけです。

    膝が外に出っ張った状態で、かつ外旋が入ることで、脛骨が本来もっている捻じれがより目立つことになり、膝下がOの字にみえるようになるのです。

    つまりXO脚を改善するには、この大腿骨と脛骨のズレを改善することがPointとなります。

    ただし、この脛骨外旋症候群がややこしいのは、脛骨のズレが長く続くことで、足首にも歪みが発生していることがほとんどなのです。
    なので改善のためには、足部の調整が不可欠なんですよね!

    現在、美脚コンディショニングにおいては、足部のプログラムがとても重要な要素として取り入れられており、足部を正しく制御することで、美脚エクササイズがさらに短期間で効果を発するようになってきています。


    では、実際に、この脛骨外旋症候群を如何に改善していくか?
    というところが皆さんの興味あるところだと思います。

    そのためには、まず脛骨を外側に引っ張り、外旋させている原因を知っておかねばなりまん。
    といっても、その原因、実は結構多くの要素がありますので、代表的なものをあげると、

    ・大腿筋膜張筋-腸脛靭帯の緊張
    ・外側ハムストリングの硬縮(特に大腿二頭筋短頭)と、内側ハムストリングスの弱化
    ・下腿&大腿の外側筋膜ラインの短縮
    ・下腿三頭筋の内側・外側のバランスの崩れからくる足関節制御不全

    ・足底荷重点の崩れ

    などでしょうかね~?
    細かいところあげるとキリがないのですが、大体この位を覚えておくといいかなぁと思います。


    ということは、美脚コンディショニングにおいて、
    膝下O脚を改善するためには上記の問題点を改善する要素が含まれていればOKということがわかりますね^^

    もちろん、うちの美脚コンディショニングでは、これら全ての要素を改善できるパッケージになっていますので、かなりの効果を発揮しています。

    特に足部プログラムが完成してからは本当に短期間での変化がでるようになってきています。
    またエクササイズ編のほうなどで、その部分のエクササイズも紹介していきたいと思いますが、
    ここの部分はたぶん読むだけだと、注意すべきポイントがおそらく理解しきれないので、正しく効果を出したい方は是非セミナーに参加されて、修正すべきポイントの評価の仕方と、修正エクササイズのやり方を自分の体験を通して理解してもらえればと思います。



    ◆トレーナー向けセミナー日程

    セミナー参加受付中!
    『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
    『美脚ウォーキング』




    美脚理論13 ~膝関節の骨格構造と軸~

    みなさん、こんにちは^^
    『美姿勢・美脚』スペシャリストのさだです

    さて今回は「膝関節」の構造に関して見ていきたいと思います。

    実際に現場において、
    『膝下のゆがみを取りたいんです・・・』
    『膝の外側が出っ張ってて・・・何とかなりますか・・・?』
    『膝の痛みが強くてきれいに動けないんです・・・』
    などといった悩みをよく聞く部分です。

    実際に、膝の関節は、美脚コンディショニングにおいて、その捻じれをとるのにとても苦労をする部位といえます。
    そんな膝関節に対し、正しくアプローチするためには、やはり膝関節に関しての知識が必要となるとともに、「なぜ膝関節がゆがむのか?」というところを理解していく必要なんですよね!

    いきなり細かい部分をみていっても、理解しにくくなるので、少し大まかな部分から理解していきましょう^^

    膝関節の運動軸

    さて前回、美脚理論12で、膝の3つの軸に関して見てきたのですが、覚えていらっしゃるでしょうか?
    脚の形を評価する際には、この3つの軸を使って評価をしくことが大事でしたね。

    なので実際にクライアントさんの脚の状態を見るときも、ここの部分を大まかに見ることができる必要があります。
    でも難しく考える必要はありません^^
    まっすぐかどうか見るくらいは誰にだってできますもんね!
    後は見るべきポイントを知ってさえいればOKなんです^^

    ではどこを見るのか?ですが、
    股関節軸
    膝関節中央
    足関節中央
    の3ポイントを見さえすればOKなんです。
    つまりこれ「運動軸」ですよね!

    正確にはこの軸が床に対して3°の傾きになるのですが、現場では大体垂直と捉えて頂いていいと思います。

    なので、クライアントさんには、この3ポイントを真っ直ぐに揃えて立つように指示を出してたってもらい、その状態を見ると、クライアントさんの膝関節の状態と脚のラインの崩れが評価できるのです。

    正常ならば、3ポイントが大体真っ直ぐ垂直で、
    上記テキストのように大腿骨と脛骨でつくる角度が170°~175°となります。

    O脚だとこれが180°以上で膝が外に広がって見えます。
    X脚だとこれが165°以下で膝が内に入って見えます。

    簡単ですよね?^^
    実際にこれはパッと見ただけでわかるので問題ないと思います。

    現場で困るのが「膝下O脚」と呼ばれる「XO脚」の方です
    膝下O脚(XO脚)の方は、実はこのラインは真っ直ぐっぽく見えてたりするんですよね~(ーー;)
    なので膝下O脚の方は、これに頚骨の状態をみて判断していくことが必要になってきます。
    まぁ、ここの部分の見方はまた今度細かくみていきましょうね^^


    とりあえず、この3ポイントを見ることができるようになると、クライアントさんの脚の状態がある程度把握できます。
    もちろん捻じれがある人は、膝関節を痛める可能性がそれだけ高くなりますので、美脚をつくるだけでなく、怪我や障害の予防のためにも、膝関節の骨格ラインを正しく整えることはとても重要なことなんですよね~♪

    では次回からもう少し細かく膝関節に関して見ていきましょう^^


    ◆トレーナー向けセミナー日程

    セミナー参加受付中!
    『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
    『美脚ウォーキング』