美脚理論4 ~機能的な歪みと構造的な歪み~

    みなさん、こんにちは!
    「美姿勢」スペシャリストのさだです


    前回は、大まかな脚のゆがみの分類をしてきました。

    【O脚】 【X脚】 【XO脚】

    の3つのパターンがありましたよね!


    全部治るの?
    と問われるとどうでしょうか?
    あなたはどのように答えますか?


    ここで困らないためにも、クライアントさんの脚の歪みが、
    下のどちらの状態なのかを見極める必要があります。

    関節の歪みや連鎖から起きている「機能的な歪み」
    骨構造自体に変形が起きている
    「構造的な歪み」


    構造的歪み


    上の図をみると、パッと見はどちらも「O脚」に見えると思います。
    でもですね、実際は歪みの原因は違っているんです!


    テキストに書いてあるのでわかると思いますが、左の写真が
    ◆「機能的なO脚」
    です。

    これは横からの写真があるとわかりやすいのですが、骨盤が前傾し、膝が反った状態になっています。
    この状態は運動連鎖により次のような歪みが引き起こします。
    骨盤の前傾 ⇒股関節の内旋&反張膝 ⇒ 脛骨外旋or外反 ⇒ 回内足

    ここでワンポイント
    なんで、そんな連鎖が起こるだ??(-_-;)
    と思う方は、是非「運動連鎖」の勉強をされてくださいね^^

    運動連鎖にも色々あって、
    ◆骨・関節による連鎖
    ◆筋肉による連鎖
    ◆筋膜による連鎖
    ◆神経による連鎖

    などがあります。

    全部覚えるのは大変だと思いますので、まずはジャンルを絞って覚えていきましょう^^
    ちなみに、私さだは、骨・関節による連鎖と筋連鎖が大の得意なのです
    ワンポイント終了~


    というわけで、こういった「機能的なO脚」でしたら、かなり改善が可能となります。
    正しい筋バランスと運動連鎖を引き起こすためのトレーニングをしていけばいいと言うことですよね!
    エクササイズ編のほうで色々と紹介していきますので楽しみにしていてくださいね^^

    ちなみに徒手療法で骨盤をバキバキしたり、
    股関節や膝の捻じれを取ろうとしても、
    そんなことではほとんど効果は出ません。

    なぜなら脚の歪みをつくっているのは、
    その人がもつ脚の使い方=「動きの癖」だからです。

    だからこそ、正しいトレーニングをして、自分自身の動きの癖を理解し、
    そしてそれを修正することで、自分自身で美脚をつくっていくしかないのです。



    さぁ、ただ困るのは次の
    ◆「構造的なO脚」
    です(-_-;)

    これは、「骨の変形」ですから、やはり治らない感じですね(T_T)
    一応「ウォルフの法則」というものがあり、
    骨は
    「力のかかる方向に対し、破壊と再生を繰り返しながら最も耐えれる形に変形をしていく」
    特性をもっているのです。

    しかし、成長期ならいいのですが、
    年をとるに従って、この骨の作り変えサイクルもかなり長期化するのです。

    なので、クライアントさんのO脚が「構造的O脚」であれば、
    それを直すのはとても難しいといえます。


    「構造的なO脚」の特徴は?ですが、
    これは、
    骨盤や股関節の並びは正しい状態にも関わらず、
    脛骨の構造的内湾により、膝が外反しているということ。
    これでO脚が形成されているという点です。

    ですから、このような方は骨盤を整えたり、
    股関節の使い方を変えても、
    問題点自体が脛の骨の変形にあるのだから、全く効果が出ないということになります。


    ただ、これも、きちんと
    「骨格の内湾」なのか?
    「足関節と膝関節の歪み」なのか?
    を見極める必要はあります。

    実はこの見極め法もあるのですが、
    ちょっと文章で伝えるのは難しく細かい内容なので、
    どうしても知りたい方は、実際に美脚セミナーに出られてください^^


    まぁ、というわけで、
    脚の歪みにも
    「治る歪み」と「治らない歪み」があるというところを覚えておいてくださいね!

    「必ず治しますから!」
    なんて安請け合いしちゃうと、痛い目にあいますからね~

    逆に一般の方で、「絶対に治したい」と思われている方。
    「絶対に治りますから!」というトレーナーや治療家さんには気をつけてくださいね!

    自分の脚の歪みが「機能的な歪み」なのか「構造的な歪み」なのか、どうしても知りたい!
    という方は、お手数ですが、うちのサロンにお越しくださいね^^



    今後の記事を楽しみにお待ちください

    ◆トレーナー向けセミナー日程

    ・7/25(日)開催予定セミナー参加受付中
    『美脚を つ くる最新コアエクササイズ』


    関連記事

    この記事へのコメント

    Takano : 2013/04/09 (火) 07:29:39

    初めまして。
    古い記事に急にコメントを書き、すみません。
    この記事を読ませて頂き、運動連鎖についてもっと知りたいと思い色々調べ、本等も購入してみたのですが、いまいち納得出来ずにいます。
    大変図々しいお願いだとは承知しておりますが、運動連鎖についてよいテキスト等があれば教えて頂きたくご連絡させて頂きました。
    お忙しいところ申し訳ございません。お返事楽しみにしております。
    失礼いたします。

    骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト@Sada : 2013/04/16 (火) 11:24:52

    コメントありがとうございます。
    普段はコメント欄をOFFにしているため気づかずにいました。

    運動連鎖ですが、一冊で網羅している本は存在しておりません。
    なので個別に学んでいくしかないのですが、
    よいテキストというのも存在しません。

    断片的に書かれているものを拾い集めていく。といった感じでしょうか?

    なので、お勧めの図書がないのですが、
    筋肉の連携に関しては、「筋・骨格系のキネシオロジー」ですかね。

    筋膜の連鎖は諸説ありますので、どれが正しいかわかりませんが、
    現在日本で流行っているのは「アナトミートレイン」というものです。

    神経系は「反射反応」などを勉強されてみてください。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック