理論編⑭ ~呼吸~

    みなさん、こんにちは
    『美しい姿勢』をつくるスペシャリストのさだです


    前回インナーユニットの独立制御のトレーニングを紹介しました。

    しかしですね、
    いきなり「インナーユニットの収縮をしてください」といっても、
    普段使えてない人は、やはりきちんと収縮させることができないのが実際です(-_-;)


    ではどうしたらいいのか?

    一つ良い方法があるのです。
    何だと思いますか?

    まぁ、タイトルにもあるのでわかると思いますが、
    インナーユニットを無意識でも働かせるのは「呼吸」なのです。


    なので、今回は「呼吸」について見ていきたいと思います。
    といっても、空気交換のシステムとかは、ここでは触れませんので、
    そこら辺は解剖生理の本でもみてくださいね~^^

    ここで扱うのは、呼吸時の身体の動きです。
    身体というか、呼吸時にインナーユニットや身体の歪みに関わる筋肉や肋骨の動きに関して書いていきますね!

    特に、吸気時の肋骨の動きや、呼気時の腹筋の使われ方などは
    ボディーワーカーは絶対に知っておかねばならないポイントです。

    どうしてコア系メソッドでは、肋骨を横に広げるように呼吸をさせるのか?
    呼吸に関わる、肋骨の運動学を理解することで、
    そんな疑問に答えることができるようになるのです!




    【 横隔膜呼吸(安静時の呼吸) 】
    ・空気交換の中心的呼吸
    ・吸気時には横隔膜は収縮し、下に引っ張られる。この時肋骨は若干外に広がることで肺の下部を広げ、空気を取り入れることが出来る。
    ・とても穏やかな呼吸である「呼気」は横隔膜を元の安静位置に戻していく。
    ・肺が安静時のサイズに収縮すると、空気は小さな空間内に圧縮されることにより、 このままでは肺の中の空気圧が高くなるため他動的に体外に押し出される。


    【 強制吸気(意識的に使った吸気) 】
    ・複数の筋群が組み合わさって、胸郭の径を3次元的に広げる
    ・空気は肺の色々な部分に送り込まれる。


    Point! 吸気時の胸壁の動き

    ◆横の径の動き 
     ・肋骨の外側、上方への動き
     ”バケツのハンドルの動き”(第7~10肋骨)
    ・ 上半身の安定に欠かせない。

    ◆縦の径の動き
     ・肋椎関節部で肋骨の胸骨側の端が上方へ動く
     ”井戸のポンプハンドルの動き” (第2~6肋骨)
     ・胸椎の伸展に関わる。
    この動きをともなう呼吸を繰り返すと、いわゆる反り背になる。


    やはり、息を吸うときのポイントとして押さえておいてほしいのは、
    この「肋骨の動き」ですね!

    肋骨と脊柱の関節において肋骨の動く方向は決まっています。
    しかし、間違った呼吸の習慣により、姿勢を歪める原因になったりもしているのです。


    なので、ここで呼吸に伴う肋骨の動きをしっかりと理解してくださいね!
    というわけで、より詳しく呼吸中の肋骨の運動を書きますね!

    「第2~5肋骨は、横方向への広がりはほとんどなく、縦(前後)方向に広がる」
    「第6・7肋骨は、横&縦と両方への広がりをもつ」
    「第8~第10肋骨は、縦方向への広がりはなく、横方向に広がる」
    「第1肋骨およびに第11・12肋骨は、胸郭の容量増加に関与しない」





    さて今度は、息を吐くときのポイントを押さえておきましょう!
    ちなみに、この呼気をしっかりとおこなう事で、
    「インナーユニット」の働きを活性化させることができるのです!

    そのためには、呼気時の腹筋の動きを覚えて、
    その動きのパターンを見極めることができなければなりません。


    【 強制呼気(意識的に使った呼気) 】

    ・複数の筋群が組み合わさって、胸郭を3次元に狭める。
    ・この強制呼気は、多くの追加の筋肉を伴うと考えられている。
       ・腹筋群(腹直筋・腹斜筋)
       ・腰方形筋
       ・骨盤底筋群
       ・広背筋
       ・上後鋸筋およびに下後鋸筋
    ・腹筋群は  「横隔膜の収縮後 ⇒ 腹横筋 ⇒内腹斜筋 ⇒外腹斜筋 ⇒腹直筋」 の順で使われる。

    Point!発育発達からみた呼気時の腹筋作用

    発生学的に見ると、
    横隔膜と喉を構成する筋群、腹直筋とは同じ系列の発生であり、
    呼気時、腹直筋が早く収縮してしまうことで横隔膜は弛緩し難くなる。
    また、腹横筋や腹斜筋は腹直筋鞘に停止を持つので、
    腹直筋が先に働くことで、腹横筋・腹斜筋は収縮しづらくなる。


    さてさて、ここで重要なのは、強制呼気時に使われる腹筋群の順番ですね!
    腹横筋 ⇒内腹斜筋 ⇒外腹斜筋 ⇒腹直筋
    と書いていますが、まさにこの順で働くのが理想です。


    これはお腹の動きとしては次のような感じになります。

    ⇒下腹部が凹む (腹横筋の働き)
      ⇒鳩尾の部分が扁平に絞られる (内腹斜筋の働き)
       ⇒肋骨が内側に絞られる (外腹斜筋の働き)
        ⇒鳩尾と恥骨が近づくように骨盤が後傾する (腹直筋の働き)

    これは動きを見慣れると、正しい順で腹筋が使われているかの判断は簡単につくようになります。

    そしてインナーユニットに刺激を与えるためには、
    この順できちんと呼気を行なうことがとても重要になるのです!


    といっても、身体の動きの見極めは難しいですよね(-_-;)
    「扁平に絞られるって何だよ・・・(-_-;)」とか思うと思います。
    なのできちんと見極めができるようになりたい方は、実際に動きをみて覚えるのが一番ですから、
    セッションを受けて頂くか、講習会へご参加されてくださいね。
    実際の動きが正しく起きているかの見極めをしっかりとお伝えできると思います。



    まぁ、とりあえず、しっかりと息を吐いていくと、横隔膜からの刺激を受け、インナーユニットたちは全部が活動を開始し始めます。
    なので、インナーユニットが上手く働かない人は、しっかりと呼吸トレーニングをすることをお薦めします!


    人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^




    関連記事

    この記事へのコメント

    管理人のみ通知 :

    トラックバック