【11/23・24日開催!コアトレーニングフェスタ ファイナル】

    みなさま、こんにちは
    骨格ラインからキレイをつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです

    さて今年もやってまいりました。
    11月恒例の『コア・トレーニングフェスタ2013』

    header.jpg
    http://corefesfainal.jimdo.com/

    なんと今年は『Final』
    そう最後の開催となります。


    今年も講師として一枠ほど担当ささせて頂きます。
    内容は、

    ===================================

    正しい歩き方と魅せる歩き方
    歩行動作の評価と修正アプローチ


    ===================================

    というタイトルとなっております。

    14469853_s.jpg

    私は普段から仕事として、
    女性のボディーメイクや姿勢指導などの依頼が多いのですが、モデルさん達を担当する際には、ウォーキングの指導や、綺麗に歩くためのコンディショニングも合わせておこないます。

    また一般のクライアントのトレーニングにおいても、日常生活の動きのパターンを正していくことによる、より美しい身体つくりを提案させてもらっています。


    今回の内容は、そういった歩行指導の際に現場で役に立つポイントをお伝えするのですが、

    ◆「正常」とされる歩行の理解
    ◆「魅せる」ための歩行のポイント
    ◆歩行の分析
    ◆修正のためのアプローチの考え方


    などに関してお伝えしていきたいと思っております。




    常々思うのですが、「歩く」という動作ほど、自分の動きに「癖」に支配されているものはないと思います。
    どんなに効果的なエクササイズを行っていても、「歩く」動作となった瞬間に、普段の歩き方の癖が出てきます。


    日常生活の中でおこる動作としてはもっとも頻度の高い動作が「歩行」だとするならば、この動作が崩れているということは、やはり姿勢を歪める原因になっていると言えます。


    ということは、通常のコンディショニングプログラムに上乗せして、「歩く」という動作自体を修正し、「正しい歩き方」を理解してもらうことが重要になってきます。


    私は、ボディーワークを始めた頃は、「歩く」という動作自体をよく知らず、トレーニングによって身体が良くなれば、「歩く」という動作自体も良くなるはずだと思っていたのですが、中々そうはならなかった経験をしています。


    やはり「歩く」という動作を理解し、
    動きを見て、悪いポイントを評価し
    そのための改善トレーニングを行うことで、
    そこで初めて、もの凄く変化を起こすクライアントを多く見てきました。


    やはり日常生活で常におこる「歩く」という動作は、
    動作のプログラムとしては、身体に大きな影響をおよぼしています。


    そうなると、「歩行」という動作プログラム自体を書き換えていくことが、とても重要だと言えますよね。


    なので今回は2時間のショートセミナーではありますが、この「歩く」という動作に関して、理解しておいてもらいたいポイントを
    解りやすくお伝えしていきたいと思います。

    ご興味ある方は、是非ご参加おまちしております。


    私の講座は
    ■11/24(日) 10:00~12:00
    となっておりますが、

    11/23・24両日ともに、私も受講者として参加したい講座がラインナップされています。
    どの講座も得るものが多いはずですから、ご興味のある講座に出て頂ければと思います。



    お得な割引価格でのお申し込み期限が明日までです。

    ◎アーリーバード価格(10月23日までにお申し込みされる方)
    ・1日券 :23日 16.800円    24日 15.750円

    ・2日券 :25.750円



    この機会を逃さず、是非お申し込みされてください^^
    それでは皆様と会場にてお会いできるのを楽しみにしております!!




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
               
    【セミナー情報】
      ⇒セミナー日程一覧 

                 
    RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
      RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html





    関連記事

    この記事へのコメント

    管理人のみ通知 :

    トラックバック