【関節の分離性】他動組織の問題 :組織の弛み(ゆるみ)

    みなさん、こんにちは
     
    骨格ラインから美しい身体をつくる
    美姿勢・美脚スペシャリストの@Sadaです^^
     
     
    前回「他動組織の拘縮」による問題
    に関して見てきました。
     
    ※前回の記事はこちらをどうぞ
    http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-497.html


    他動組織は「自分では動けない組織」であり
    関節組織の中では「靭帯や関節包」が
    これにあたるということでしたね。

     
    今回は、同じ他動組織に起こる問題でも
    前回と全く逆のパターンである
    ----------------------------------------
    ■組織の弛みによる問題
    ----------------------------------------
    を見ていきたいと思います。
     
     
    一般的なイメージだと
    ----------------------------------------
    ×組織が固くなっている⇒痛みの原因
    ----------------------------------------
    と思っている方も多くいると思います。
     
     
    しかし現場でおいて
    痛みや歪みの一番の原因となるのは
    ----------------------------------------
    ●組織が弛んでいる
    ----------------------------------------
    ことのほうが圧倒的に多いのです。
     
     
    組織が弛むことが
    どうして障害につながるのか? 
     

    理由は簡単で
    ×動作時に関節を保護してくれない
    ということです。
     
    11271328_xl.jpg

    そもそも靭帯や関節包は
    関節が動く際に、変な動きが起きないように
    方向性や角度などをある程度制限する働きを
    持っています。

     
    でもこれらの組織が弛むということは
    本来動いてはいけない方向や角度に
    関節が動いてしまうことになります。
    (※関節の遊びの幅はもちろんあります) 
     

    こうして間違った動きを反復することで
    関節の周辺組織が損傷したり、
    他の組織を挟みこんだりして
    慢性の痛みとして出てきたりするのです。


    弛んでいる関節って
    ホント身体にとってNGなんですよね。
    (-_-;)ホントタイヘン・・・


    参考までに前回の話とリンクさせると
    前回の「組織の拘縮」では
    股関節後方の組織は「固くなる」と
    お伝えしました。

    実はこの時同時に
    股関節の前方組織が「弛んだ」状態に
    なっているのです。
     
    関節の動きは、一番抵抗の少ないラインで
    動くようになっていますので

    こうした関節の状態になると必然的に
    弛んでいる前方組織の方向に向かって
    大腿骨頭がズレるように動いてしまいます。
     
    このように「固くなった部分」でなく
    「弛くなった部分」へと動いてしまうのです。
    ※肩関節も同じ症状が出ます。
     
     
    現場において私は、この状態を
    「関節のネジが弛んだ状態です」
    という風に伝えたりします。
     
    だから「関節のネジを締めましょう」と。


    靭帯や関節包は他動組織なので
    自分では縮むことも伸びることもできません。
     

    なので弛んだ関節を正常に押さえ込むには
    関節制御が得意なインナーマッスルで
    関節の中心軸がずれないようにサポート
    してあげることが必要になるのです。
     

    ここで意味を間違えてほしくないのは
    ----------------------------------------
    ネジを締める=関節を固める
    ----------------------------------------
    ということではありません。
     
     
    正しくは、「全ての可動域において
    関節中心軸を保ったまま動ける状態」
    のことを意味して言っています。
     
    そのために、最大短縮域や最大伸張域でも
    しっかりと中心軸制御ができるよう
    インナーマッスルを活性化させたまま
    ----------------------------------------
    ●正しいライン×最大可動域 
    ----------------------------------------
    で動くトレーニングが必要になるのです。
     
     
    という訳で、「他動組織の弛み」が
    身体に悪影響を与えるメカニズムが
    解って頂けたのではないでしょうか?

    『「固くなった関節」を弛めること』
    も大事ですが、それ以上に
    『「弛くなった関節」を締めたまま動かす』
    ことの重要性を理解してもらえたら嬉しいです。


    現場においては
    この弛んだ組織に対する改善のアプローチ
    の技術は必須になると思います。
     
     
    CoreCradleエクササイズは
    ツールの特性上
    =======================
    ・アライメントが整った状態で
    ・正しい関節運動のラインを保ったまま
    ・インナーを使ったまま
    ・最大可動域で短縮・伸張が可能
    =======================
    になっています。
     
    弛んだ組織へのアプローチとして、
    この自動アライメント修正と
    正しい関節運動ラインが保てるという特性は
    絶大な効果を発揮しているのです。
     

    そういった点を理解した上で
    現場でご活用してもらえればと思います。
     

    【CoreCradle®Basicセミナー日程】
    ・7/16(土) 新潟 15:00~17:00
    ・8/20(土) 横浜 16:00~18:00  
    ・8/28(日) 大阪 (予定) 


    【Level1セミナー日程】
    ・7/18(月) 横浜 11:00~17:00
    ・9/4(日) 横浜 13:00~18:30 
     

    【Level2セミナー】
    ・7/31(日)横浜 13:00~18:30
    ・11/19(土) 横浜 13:00~18:30
     
     
    ■CoreCradle®セミナーの日程・詳細は
    http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
     
     
     
    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/

    関連記事