【小顔×重心バランス】痩せているのに2重あごができる理由

    みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです^^
     

    ちょうど先週になりますが、
    RRRアールスリーの3step7exerciseシリーズの中から
    ◎美顔コンディショニング
    のセミナーを開催しました。


    女性の皆様に限らず、これは男性もそうでしょうが、目元のタルミやシワが気になりだしたり、ほうれい線がハッキリと出てきたり、頬骨の高さが違ったり、片方だけ顎のエラが張りだしたりなど、顔に関するちょっとした悩みというのは尽きないものだと思います。


    一言で「もう年だから」とつい言ってしまいがちになりますが、同年齢で張りのある左右対称なフェイスラインをしている人をみると、その理由がどこにあるのかを知りたくなりますよね。美容外科的処置をしているケースは別にしておいて、恐らく皆様のまわりにも、ナチュラルに綺麗なフェイスラインを保っている人がいるのではないでしょうか?
     
     
    もちろん綺麗なフェイスラインを保てている理由は多くあると思いますが、大体の悩みの部分は原因があってできているので、その原因を解消していけば、自然と綺麗なラインへと戻すことができるのです。綺麗なラインを保てている人は、それらの原因がおきにくい状態で普段から生活していると言えます。
    ( ゚Д゚)モチロンドリョクハシテルハズ!

    IMG_20170602_161421_670.jpg

    そうしたら、どういった原因がフェイスラインを崩しているのか?そこの部分を知りたいですよね。私は多くのクライアントからそれらの悩みの相談を受け、解剖学的な側面から、それらが起こる原因を探り、試行錯誤しながら様々な改善方法を試していった経験があります。それらの経験からこの『美顔コンディショニング』のコンテンツが生まれた訳です。


    このセミナーは、名前のとおりフェイスラインを美しくするために必要なコンディショニング要素をお伝えするものであり、結果として「小顔」や「フェイスリスト」の効果があったり、「左右シンメトリー」な顔に近づいたりなど、様々な効果を発揮してくれます。
     
     
    2時間のショートセミナーのため、栄養の面まではお伝えしておりませんが、筋・骨格系の面から、何故フェイスラインが崩れていくのか?に関して、大きな3つの原因とその改善方法に関してお伝えしております。
    ( ゚Д゚)エイヨウハダイジダカラベンキョウシテネ!!
     
     
    この3つの原因を理解すると、巷でおこなわれている、グイグイ顔を押すタイプの小顔矯正・美顔針・エステ系のフェイシャルマッサージ・顔ヨガ・美顔ローラーのRefaなどが、どの原因を解消するのに役に立ち、どの部分が改善できないのか?がハッキリと解るようになります。
     
     
    基本的には、セミナーでお伝えしている「3つの原因」に対して全てアプローチしていくのが一番効果的なのですが、普段自分でやっているケアに、セミナーでお伝えしている内容を少しプラスするだけでも、大分変化が出る方も多くいます。


    まぁ美顔コンディショニングの全体像に関しては、是非セミナーに参加して頂ければと思いますが、今回はその中から、「痩せているのに2重あご」の原因にもなっている「頸椎アライメントの歪み」に関して書いてみようかと思います。


    ======================
    ■痩せているのに2重あごができる理由
    ======================
    街中を歩いていても、身体は細いのに、顎下がたるんで2重あごになっている女性を多くみます。2重あごとまではいかなくても、横から見た時に顎下が少したるんで見えるくらいのケースが多いでしょうか?
     

    生まれつきそういった顔の形だから、と思っている方が少なからずいるのですが、実は普段の姿勢の癖が、この顎下のタルミを作っているのが実際です。
     

    どのような状態か?ですが、下図のような「頭部前方変位」という悪い姿勢になっていると「痩せているのに2重あご」に非常になりやすいと言えます。ただ、この姿勢になっても顎下がたるんでいる人と、たるんでない人とに分かれます。何が違うのか?ですが、ここが重要です。
    頸椎の調整

    実は、「痩せているに2重あご」になっている人たちは、この頭部前方姿勢における身体の重心バランスを取るために『顎を引く』という動作を無意識に取っているのです。もしくはエクササイズなどで反復的に顎を引く動作をし、その動きが癖となっているケースで起きたりします。


    昔から姿勢を注意される際に『顎を引いて!』と言われませんでしたか?たぶん現在でもそのような注意がされていると思います。また各種エクササイズをやっている時にも『顎を引いて!』と言われたりすることも多いと思います。


    なのでセミナーにおいて『顎は引かないようにしてください』というと、皆さん『えっ??』という反応をされる場合が多いです。まぁ普段言われているであろう事と違うことを伝えているので当然の反応ですよね。 


    でも解剖学的には、身体の環境が整っていない人が顎を引く動作をするのは、頸椎の骨の配列を凄く歪めてしまう可能性が高いので、そこのところを理解してもらいたいのです。


    では実際に頭部前方位の人が「顎を引く」動作をすると、どのような事が身体の中で起こっていくのか?ここが『痩せているに2重あご』ができる原因に繋がっていきます。
     

    まず頭部前方位姿勢になっている人は、大抵の場合、頸椎6番もしくは頸椎5番あたりが前方スライドして、頭部が前にでています。解剖学的に過屈曲の状態ですね。横から姿勢をみると、「頸の筒」が前に傾いた状態となっています。


    こうして下部頸椎が前方に傾き、頭が前にでていくと、頭の重みが前方にいくため、重心全体が前に移動します。人間は重心のバランスを取るために、この頭部前方移動に対する姿勢の補正を次のようなパターンでしようとするのです。
    --------------------------------
    ①背中を後ろに引いて丸める(胸部重心を後ろに移動させバランスを取る)
    ②腰もしくは背中を反らす(背骨を反らすことで頭部重心を後ろに戻す)
    ③顎を引いて、頭を後ろに戻す(頭部重心を後ろに戻す)
    --------------------------------
     
    他にも補正パターンはありますが、どうでしょうか?トレーナーの皆様ならすぐにイメージができる姿勢ではないでしょうか?そして現場で多く見る典型的な悪姿勢であることがすぐに理解できると思います。
     
     
    そしてこの中で③のパターンで補正する人が『痩せているのに2重あご』になりやすいケースの人たちなのです。解剖学的には頸椎3番が後方移動して、下部頸椎の前方移動に対するバランスを取っているという訳です。


    もしこの補正パターンを使っている人たちが、エクササイズでさらに『顎を引く』癖をつけてしまったら?もしくは他の補正パターンを使っていたのに、エクササイズ指導で『顎を引いて』と反復練習してしまい、補正パターンが③に切り替わってしまったら?と考えると、この頸椎アライメントの修正の仕方を正しくおこなう重要性が理解できると思います。
     
     
    頸椎3番の後方移動は、頸椎1番・2番のアライメントにも影響を及ぼし、大後頭神経の圧迫などから慢性頭痛の原因にもなったりするので、頸椎5・6番の修正だけでなく、それに合わせて頸椎3番の修正も正しくやっていくことが大事になります。


    なのでエクササイズにおいても、この頸椎アライメント全体にしっかりと気を配り、正しい修正のエクササイズ指導をしてもらいたいのです。この頭部前方変位を解消するためには、胸郭・頸椎・肩甲骨へのトータル的なアプローチが必要であり、その中でも頸椎アライメントの修正は、複数のエクササイズを使って、丁寧におこなうべき部位になるのです。
     
    図1
    ※チェストブリッジ :頸椎アライメントの修正と頸長筋の活性化エクササイズ
     
    最近ですと、「ちょいサポ」がこの部分の修正に大活躍してくれている訳ですが、RRR・Craセミナー各種において、胸郭・頸部に関わるセミナーでは結構紹介している内容なので、セミナーに参加されて、この部分の修正の仕方を修得した方は、クライアントさんの劇的な変化を何度も見ていると思います。 


    取りあえず『痩せているのに2重あご』ができる理由はお伝えできたのではないでしょうか?そして効果的に、この頸椎アライメントの歪みを改善するエクササイズ群を知りたい方は是非セミナーへご参加どうぞ。( ゚Д゚)ドウゾー
     

    一番詳しくやっているのは「re・Frame exercise~胸郭・頸部コンディショニング~」ですが、簡易パッケージの中だと、この「美顔コンディショニング」「猫背をなおす3つの法則」となります。CoreCradleAcademyの「ちょいサポ」「CoreCradleエクササイズ編」セミナーでもエクササイズ自体はやっております。
     


    【近日開催のセミナー】
    ・06-24(土) CoreCradleBasicセミナー(横浜)
    ・06-24(土) Lips Basicセミナー(横浜)
    ・07-01(土) Cra&Lips共通カリキュラム 理論編①②(新潟)
    ・07-02(日) ちょいサポⓇセミナー(新潟)
    ・07/08(土) Cra&Lips共通カリキュラム 理論編①②(横浜)
    ・07-09(日) re・Frame exercise~美脚コンディショニング~ 
    ・07-15(土) Lips-SC-Basicセミナー(横浜)
    ・07-15(土) CoreCradle®Basicセミナー(横浜)
    ・07-16(日) CoreCradle®Basicセミナー(富山)
    ・07-21(金) Lips-SC-Basicセミナー(横浜)
    ・07-30(日) CoreCradle®Basicセミナー(大分)
    ・08-06(日) 美顔コンディショニング(京都)
    ・08-06(日) 猫背をなおす3つの法則(京都)


    【RRRセミナー日程一覧は】
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
     
    【Craセミナー日程一覧は】
    http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
     
    【@Sadaのセミナー日程一覧は】
    http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/




     



    関連記事