体幹4: クリスクロス

    前回までで、上部腹筋、下部腹筋、そして上下腹筋を同時に使ったコアコントロールエクササイズを行なってきました。
    ここまでは、屈曲運動による腹斜筋の強化と言えます。

    ただ腹斜筋の機能として回旋運動があります。
    やはりこの動きを行なっておくことは必要となります。


    【クリスクロス】
    クリスクロス
    ■エクササイズ①体幹をニュートラルに保持し、インナーユニットの収縮をキープ
    ②両足をテーブルトップポジションにもっていく。
    ③アブプレップで胸郭もアップ。
    ④シングルレッグストレッチと同時に、胸部をツイストさせる。

    ■ポイント
    このエクササイズは上部・下部腹筋のエクササイズとなります。
    このエクササイズは回旋筋としての腹斜筋のエクササイズとなります。
    骨盤・腰椎のニュートラルをキープし、胸部をツイスト、脚の動きを行います。


    ■アドバイス
    このエクササイズは目的により多様なやり方があります。
    やり方は多いのですが、目的としては大きく2つに分かれます。

    ・体軸を保った状態での回旋運動
    ・重心移動を起こすための回旋運動

    ※上の写真は「体軸を保つ」のやり方です。


    体軸を保つためには、身体の「中心軸」を保って行います。
    よって、眉間-ミゾオチ-おへそ 3点が身体の中心にあるようにキープしたまま行ってください。

    重心移動を起こすためには、回旋方向に合わせて、脊柱の側屈運動も行います。
    このエクササイズの場合は脊柱の回旋と側屈は同じに方向に動かすことで、胸椎の連鎖が正しく動きます。
    つまり右回旋-右側屈、左回旋-左側屈が正しい動かし方になってきます。

    ※脊柱の運動連鎖は、脊柱のポジションによってかわります。
    またいつか脊柱の運動連鎖に関しては説明していこうと思います。


    人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^

    ⇒体幹エクササイズ一覧へ

    関連記事